ライフプランと資産運用の実践的なポイントを解説!

知って得する知識をあなたへ お金と投資の講座

基礎から応用までYouTubeでわかりやすく解説!
投資の講座

2020/05/26(火)

やってはいけないランキング投資。初心者がやりがちな悪手を行動経済学で分析!

NISA ライフプラン iDeCo

カネの切れ目は縁の切れ目。愛情が豊かな家庭でも、うまくいかない家計には不幸が忍び寄るものです。このシリーズでは、本当にあった家計の事件を取り上げ、やってはいけなかった行動と、解決の手段を紹介します。

15405553 – a 3d people are turning the key in the lock

【お悩み】日経平均の乱高下はチャンス?遊び感覚で投資を始めたレバレッジ投資

佐々木守さん(仮名)会社員・43歳

佐々木さんは、これまで資産運用にはさほど興味がなかった投資初心者です。そんな佐々木さんが投資を始めたきっかけは、株式相場の大きな下落。最近、証券会社で口座開設が増えているというニュースを見て、自分も資産運用をそろそろ始めようと決意しました。

とはいえ、個別株式投資は選び方を学ぶ時間もなかったので、初心者でも始めやすいと言われた投資信託で、積み立て投資を考えていました。そんなとき、ふと証券会社のランキングを見ると、「日経レバレッジETF(*1)」が売買代金の1位に入っていることに気づきました。

(*1)日経レバレッジETF(上場投資信託):日経平均株価の変動に対して、2倍の値動きをする指数に連動する上場投資信託です。日経平均株価が1%上昇すると、日経レバレッジETFは2%上昇します。反対に、日経平均株価が1%下落すると、2%下落します。

そこで、佐々木さんはこう考えました。

「個別株式は、その企業がダメになったら株も紙くずだが、日経平均株価ならいつも見ているし、銘柄の分散投資という意味でも安心できる。2万4,000円から急落して、まだ2万円。下がったときに買っておけば、まだ反発がねらえる。さらに下がったら、長期で持てばいい」

上がってもあまり欲張らずに売却しようと考え、投資を始めることにしました。

続きは
楽天証券の投資情報メディア「トウシル」で

投資初心者がやりがちな2つの悪手

関連記事

対面での面談やオンラインの面談を希望する方はこちらから

CONTACT

生涯の資産パートナー・
リーファスにご相談ください

些細なことでもお気軽にご相談ください。
お電話やメールでのご質問や
お問合せなどを承ります。