家庭科の先生を無料でサポート リーファスx金融機関家庭科の先生を無料でサポート リーファスx金融機関

  • POINT.1
  • POINT.2
  • POINT.3
  • POINT.4

家庭科で金融教育が開始

金融教育は、家庭科の先生への負担が大きい!
金融に関する疑問点をプロが解決します!
専門分野をわかりやすく説明!授業参加も!
提携先の楽天証券とも連携して全力支援!
ロゴマーク

リーファスは、
社会に貢献するために
次世代への金融教育を
支援しています

Message

リーファスが考える金融教育

写真

学習指導要領が目指す
家庭科の教科目標とは?

写真

次世代の
“生きる力”を磨く

次世代の
“生きる力”を磨く

改訂の基本方針を踏まえ、新しい家庭科の教科目標では、「知識および技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」を3つの柱としています。つまり金融教育では、知識としての「金融リテラシー」、知識を活かす力「金融コンピテンシー」、知識を集める力「金融ケイパビリティ」を高めることに繋がり、実社会において経済的な生きる力となります。

現実イラスト

ただし現実は…

  • 自分が金融に
    詳しいわけではない
  • 教える範囲が
    広すぎて大変
  • どう教えていいのか
    悩む
  • そこまで
    手が回らない
  • 生徒に教えるべき内容を
    理解できているか不安
  • 投資経験がないので
    正しく説明できるのか
    わからない
現実イラスト

こんなお悩みのために

Solution

リーファスができること

金融のプロが
全面的にサポートします

金融の話題は専門家に聞くのが1番の近道です。特に金融は専門用語も多くて、単に内容を伝えるだけでは生徒もイメージがしづらく退屈です。現役アドバイザーだからこそ、わかりやすく、実例も踏まえた「生の声」をお届けすることが可能です。
生徒たちに伝えたい「お金のこと」「経済のこと」「リスクのこと」など一緒に考えましょう。私たちが外部講師として授業に参加してお手伝いすることもできます。

リーファスのサポート体制

サポート体制イメージサポート体制イメージ

サポート1

サポート体制イメージ

サポート1授業で伝えたい
「何を」「どうやって」を
一緒に考えます

金融の話は専門用語が多くてわかりづらい。家庭分野「基礎・総合」の教科書をもっと噛み砕いたり、実際の事例をお伝えします。

サポート2

サポート体制イメージ

サポート2スピーディーにお悩み解決!
平日だけでなく土日も対応

面倒なことは任せてください。専門家だからこそ質問にはすぐに回答できます。平日なら電話かメールで。土日もメールで対応します。

サポート3

サポート体制イメージ

サポート3実際の授業で外部講師として
お手伝いもします

金融教育の枠は代わりに講師として授業もできます。授業中に生徒からの質問に答える相談役にもなります。対面授業はもちろんWeb参加も対応可です。

サポート4

サポート体制イメージ

サポート4現役アドバイザーだから知る
生の声をお届けします

仲の良い人や身内でも話しずらいお金の話を私たちは常日頃から相談を受けています。だからこそ生のお金の声や事例を知っています。

Contact

リーファスでは
金融に関する授業を支援しています

ご相談はこちらから

メディアの方はこちら

Case Study

金融のプロ目線で考えてみました

学習指導要領や
家庭科教科書に基づき学ぶべきこと

家庭科の金融教育では
何を教えるべき?

令和4年度からの家庭科教科書では、「消費・契約」「家計・生活設計」「ライフプランニング」「資産形成」それらに伴う「悪徳商法や詐欺、トラブル」など幅広い金融や経済の話を伝える必要があります。教えるべき項目は増えましたが、そこから生徒たちに何を身につけてもらい、何を伸ばすべきなのでしょうか?金融のプロ目線で考えてみました。

1つ目の柱大切な基礎知識力

「金融リテラシー」

金融の教育をする為には、まず基本的な用語や法律、経済などを知ることが必要です。この土台をいかにわかりやすく、実感できるように伝えるかが重要です。

2つ目の柱知識を活かす力

「金融コンピテンシー」

覚えた知識は、ただ知っているだけでは実生活に役に立ちません。知識を活かすことで自分の知恵にできるような考え方を知ることが求められています。

3つ目の柱知識を集める力

「金融ケイパビリティ」

金融の知識は、授業で教える範囲だけでは不足です。その為、どんな状況であっても自分で知識を集めて、リテラシーを高める習慣を身につけることが大切です。

サポートするのは

次世代の若者に金融教育を通して、社会に貢献します。

西崎 努西崎 努

リーファス株式会社
代表取締役社長西崎 努

次世代の若者に金融教育を通して、社会に貢献します。

リーファス株式会社 代表取締役社長西崎 努

Profile

2007年に日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)に入社、CFP資格も保有する全国トップセールスとして活躍し。その後海外研修に抜擢。帰国後はECMで公募増資等の株式引受業務に従事する。2017年4月に独立し、リーファス株式会社を設立。
金融商品の仕組みはもちろん、運用実務、大手銀行や証券会社の販売手法まで熟知したアドバイスが好評。楽天証券メディア「トウシル」ではコラム連載やYouTubeにレギュラー出演する他、メディアヘの寄稿多数。東証JPXで講師を務めるなど、外部講師の経験も豊富。著書に「老後資産の一番安全な運用方法シニア投資入門」がある。

Flow

相談・サポートの流れ

まずは、お気軽に
お問合せください

アイコン

お問合せ

まずはHPから問合せ
お電話からでも可能です

アイコン

内容確認

当日~2営業日以内に
ご返信いたします

アイコン

打ち合わせ

メール・対面・Webでの
打ち合わせが可能です

アイコン

サポート開始

授業の準備や実施を
一緒にサポートします

Recommend

金融教育の推奨団体

金融教育を
推進している団体を
ご紹介します

日本証券業協会

日本証券業協会

投資信託協会

投資信託協会

東証マネ部(日本取引所グループ)

東証マネ部(日本取引所グループ)

関連記事学校授業への講師派遣教員対象セミナー学校向け提供教材

など

Contact

リーファスでは
金融に関する授業を支援しています

ご相談はこちらから

メディアの方はこちら

その他の情報はこちらから

リーファス
公式サイト
金融商品仲介業者:
リーファス株式会社 /登録番号:関東財務局長(金仲)第825号
所属金融商品取引業者:
楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号
加入協会:
日本証券業協会/一般社団法人金融先物取引業協会/日本商品先物取引協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会

※当社は、所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。当社は金融商品仲介業務に関し、お客様から金銭や有価証券を直接お預かりをすることはありません。
※当セミナー後、弊社にコンサルティングを希望された方へ、商品等の勧誘を行うことがあります。商品等にご投資いただく際には各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。又、各商品等には価格の変動等による損失を生じる恐れがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当該商品等の契約締結前交付書面等をよくお読みになり内容について十分にご理解ください。