企業方針

POLICY

業務運営宣言

FIDUCIARY

お客様本位の業務運営宣言
〜フィデューシャリー・デューティー〜

リーファス株式会社は、お客様を第一に考え、お客様の未来に貢献し、お客様の生涯のパートナーになることを理念としております。
資産とは皆様が働いて得た対価であり、ご家族から引き継いだ大切な思いの結晶でもあります。当社では上記の理念を実現するため、
あらためてここに、「お客様本位の業務運営宣言」として以下の事項を宣言いたします。

 

①お客様の為に常に「最善の金融サービス」を追及し続けます。
当社は資産全般へのサービスを提供するアドバイザーとして、また金融機関から独立した立場の金融商品仲介業者(IFA)として、お客様からの安心と信頼が最も大切であると認識し、お客様の立場で発想し、「お客様一人ひとりにとっての最善の金融サービスとは何か」を追及し続けます。また、一人ひとりが高い倫理観を持ち、自己規律のある行動をとってまいります。

②お客様がご自身にあった金融商品・サービスの選択ができるように、「お客様を知る」努力を惜しみません。
当社は金融商品仲介業者であり、特定の金融機関などの営業方針に縛られません。そのため、当社のアドバイザーは、金融商品をただ「販売する」のではなく、お客様の立場で最良と思われる「投資の選択肢を提案する」ことを信条としています。またお客様への提案は、金融商品だけに縛られずに常にお客様にとっての最適な資産運用や資産管理の方法を探す努力をしてまいります。
具体的には、お客様のご資産状況や収支、将来設計などを基に、ライフプラン表やお客様カード等を作成し、情報を適切に把握しながら、それに則した適正な投資勧誘に努めます。
また、勧誘方針を会社全体で共有、実践しております。

③金融商品・サービスに係る重要な情報について、お客様に理解して頂けるように「わかりやすい説明」を実施します。
資産運用では、聞きなれない専門用語やわかりづらい表現によって、投資家が誤解をしたまま資産運用を行っていることもあります。私たちはお客様への説明においては、お客様の立場からみてご理解いただけるように、重要な情報を分かりやすくご説明してまいります。特にお客様にとってのリスクやデメリットになる点を強調してお伝えします。

④お客様にご負担いただく費用について、正確な情報提供をします。
お客様にご負担いただく手数料につきましては、正しくご理解いただけるよう適切なタイミングでご説明いたします。また出来るだけ長期間見直しが必要ないように資産配分を考え、無駄な見直しの費用が発生しないようにご提案をします

⑤お客様との利益相反を防ぐ為のビジネスモデルを構築します。
商品売買を中心とした提案はお客様にとってコスト負担が多く、その一方で提案する側にとっては売買の度に手数料を受け取ること(=収益)となります。当社では「お客様の利益を第一」に考えて行動し、その為のビジネスモデルを作り上げることで、お客様のコスト負担を抑えた提案を行います。

⑥「お客様本位の業務運営」を実現するため、一人ひとりが真のプロフェッショナルとして成長し続けます。
プロフェッショナルとして、業務にかかる幅広い理解と認識を促すため、人材の知識・スキルの向上のための従業員研修を実施するとともに、資格取得推進を積極的に行なっております。